とかるね ゆったりとした時間
とかるね外観・旧統内小学校
               
ホーム とかるねについて イベントご案内・イベントホールについて ランチカフェ ハッチ 雑貨Q くゆり・アロマテラピー・リフレクソロジー アンティークショップ夢家 とかるねへのアクセス地図
   Home > とかるねナビ
 
とかるねへようこそ!
 
■ とかるね ■
 

北海道のほぼ中央に位置する十勝地方。そこには、豊かな自然や動植物と共に、たくさんの魅力的な人達が住んでいます。
そうした“土地の宝”をもっと多くの人に知ってもらいたい、そして、そんな宝をどんどんルネサンス(再生)させて、たくさんの仲間と一緒に育てていきたい----。そんな願いが、「とかるね(十勝ルネッサンス)」という名前に、つまっています。

 
■ とかるねの夢 ■
 
地域活性・まちづくりを目指す活動団体が私たち「とかるね」です。

古民家の古材再生建築を手掛ける「有限会社 夢家建造」のオーナー・加藤義隆が、「医・食・住」をテーマに住みやすい地域づくりを考えようと2010年に立ち上げました。

まちづくりに関心がある人、自分が何かを発信したい人---そうした仲間づくりの拠点になりたい、というのが、とかるねの夢です。 「とかるね」がある豊頃町は、北海道・十勝地方の南東部、大地をゆったりとながれる十勝川の河口に位置する小さな町です。

十勝地方とは、帯広市を中心とした1市16町2村のエリアを指します。面積は東京23区とほぼ同じくらい。西を日高山脈、東を太平洋にはさまれた大地で、酪農や漁協が主な産業です。

この十勝地方の発祥の場所と言われるのが、豊頃町。明治初期、本土から開拓にやってきた人々は豊頃の浜から上陸し、十勝川を遡りながら各地を開墾してゆきました。その町の一角にある旧統内小学校が「とかるね」の活動拠点です。

旧校舎には教室をリノベーションしたカフェやショップ、講堂部分を利用したイベントスペースを用意。いろいろな人が集まり、訪れた皆様がそれぞれコミュニケーションを深められる場として開放しています。 ぜひ一度、ゆったりとした時間が流れる豊頃の校舎に、遊びにきてください。

(とかるねで咲いている花や動物たちもかわいいです。こちらのページで写真を紹介しております⇒
 
 

[有限会社 夢家建造]
古材再生の建築家
加藤義隆の本業はこちらです。

加藤さん

とかるねのオーナー・加藤義隆の本業は、建築家です。といっても、ぴかぴかの新建材を使用するのではありません。
長い年月に洗われ、その風雪に磨かれてきた柱や梁をそのまま生かす古民家再生や修復、古材を利用した新建築の設計・施行を行っています。

ホームページ:
http://yumeyakenzo.com

夢家建造
 

 
■ 豊頃町のこと ■
 

「十勝発祥のまち・豊頃」

アイヌ語の「トエコロ(大きなフキのある場所)」を名前の由来にもつ豊頃町は、人口3800人。十勝川の河口に広がる、農業と漁業を基幹産業とする町です。町の東側には大河・十勝川が流れ、その西側には丘陵地が続いています。海、川、沼、牧草地と変化に富んだ自然が広がり、それぞれの場所に、オオハクチョウやタンチョウ、キタキツネといつた動物が生息。浜辺の原生花園にクロユリにハクサンチドリといった高山植物が咲き乱れる、美しい町です。

この町が拓かれたのは明治半ばのこと。開拓の先陣を担ったのは、とかるねの前にも尊像が立っていらっしゃる幕末の思想家・農政家であった二宮尊徳の孫・二宮尊親。尊徳は、搾取されるだけだった農民の生活を改善し、自作農を育てるべく開拓結社「興復社」を起こしますが、その祖父の遺志を引き継いだのが尊親でした。

尊親は明治29年、14戸50人をひきつれ来道。この豊頃の地で農場を拓きました。一方で「土地の開墾よりも心の開墾が急務」とし、貯蓄や他人に譲る心をすすめる「推譲」や身の丈にあった生活を指す「分度」など、人々の思想教育にも邁進しました。

この場所から入植した多くの人々が、十勝川を遡り流域に広がって行きました。今に続く十勝発祥の場所が、この豊頃なのです。

豊頃町の宝物 タンチョウヅル
▲ 豊頃町の住民 丹頂鶴  
[ハルニレの葉陰]
町のシンボルが、十勝川の河畔にすっくりと立つ1本のハルニレの古木です。推定樹齢は140年。2本の木が長い歳月のなかで一体になったといわれています。まるで、永遠に仲睦まじい、恋人同士のよう。

[長節湖の花たち]
太平洋と幅の狭い砂丘で隔てられた周囲5キロメートルの鹹水湖(塩分の高い湖)で、砂丘一帯の植物群は北海道の天然記念物に指定されています。ムシャリンドウ、ハマナスなどの花々の楽園。夏には湖畔のキャンプ場もオーブンします。

[町のおいしいもの]
酪農地域で生産される牛乳や肉牛、畑作地域では十勝だいこんや小麦、上質な豆類やもちろんじゃがいも、そして沿岸部では鮭。豊富な食材は、北海道ならではの宝物。ぜひ産地で、とれたてのおいしさを。
   
■ とかるねの散歩道はこちら>>

アクセス地図
詳しい地図はこちら⇒
 
〒089-5301 
北海道中川郡豊頃町統内1515
とかるね
Tel: 015-579-5440
営業時間: 10:00~17:00
(カフェハッチ:ラストオーダー 16:30)
定休日:火曜・第3月曜

 
カフェに小型/中型犬 (リード付)
同伴OKのエリア がございます。
愛犬とランチや
ティータイムをお楽しみください♪
 
愛犬と一緒にランチ中
 
遊びに来てくれたワンちゃん達
 
おそれ入ります。補助犬以外の
大型犬は 外におつなぎ下さい
ます様お願い致します。
 

 
メルマガ登録
メルマガにご登録頂いた方には、
イベント開催の際やカフェ、ショップの
新情報をメールにてご案内いたします。
 

開催予定・カレンダー

イベントホール利用のお問合せ
 

 
くゆり・アロマテラピー&リフレクソロジー
 
ハッチのお菓子

雑貨Q

アンティークショップ夢家
 
     

▲ ページの先頭へ

 
Home | とかるねナビ | イベント | ランチカフェ ハッチ | 雑貨Q | 夢家 | 地図
Copyright 2012   とかるね・カフェハッチ・雑貨Q・夢家
〒089-5301 北海道中川郡豊頃町統内1515  Tel: 015-579-5440